日本

Sayuri Watanabe, Japan Representative

Represenative

Sayuri Watanabe

渡辺さゆりは、2021年9月に日本国代表として世界フォーラム洋上風力発電(WFO)に参加しました。

Sayuriは、再生可能エネルギーおよび金融業界で商業および法律に関する豊富な知識を持っています。 WFOの前は、2018年からドイツのハンブルクにあるK2Managementで働いていました。 Sayuriは、Deutsche Bucht OWPで契約マネージャー(CM)として、またアジア、主に日本でのいくつかの開発およびオークションフェーズOWPのPMおよびCMとして働いていました。
Sayuriは、2013年に東京で、開発者およびWTG製造の法務および商業マネージャーとして再生可能エネルギーのキャリアを開始しました。 以前は、日本の商業銀行で投資銀行業務に7年間従事していました。