プロジェクトの背景

2015年に開催されたパリ気候変動会議では、195カ国が、地球温暖化を産業革命前の水準よりも2度よりもはるかに低い水準に抑えるための、一般的で法的拘束力のある世界的な気候保護協定に合意しました。ドイツ政府は、「気候保護計画2050」において、温室効果ガスを排出しない未来を実現するという長期目標を掲げています。2018年の連立協定では、2030年までにドイツの電力供給における再生可能エネルギーの割合を65%にすることが定められています。この目標は、発電量に占める洋上風力エネルギーの割合が大きくなければ達成できません。そのため、連邦政府は、2030年までに洋上風力発電の拡大目標を15GWから20GWに引き上げました。

関係当局(BNetzA、BSHなど)の計画やリードタイムが長いため、短期的に拡大目標を増やしても、拡大ギャップが生じてしまうのです。ドイツでは、2022年までに洋上風力発電が稼働することはありません。バリューチェーン全体の売上が激減し、活躍する人がいなくなってしまう。

このプロジェクトは、洋上風力エネルギー分野におけるドイツの中小企業の輸出ビジネスを強化することで、この拡大ギャップに対処します。また、洋上風力発電の重要性も世界的に高まっています。ここでは、ドイツのノウハウが、洋上風力発電に前向きな精神を持つダイナミックな市場と融合しています。

BMWiが出資するOFFSHORE-WINDENERGIE財団とワールド・フォーラム・オフショア・ウィンド(WFO)は、その専門知識を結集し、3カ国への輸出支援のための協調的かつ効果的な施策を共同で実施しています。

プロジェクトのゴールとフォーカルポイント

このプロジェクトは、ドイツのオフショア企業が3つの重点市場において魅力的な輸出機会を開拓するための支援を行い、プロジェクト期間内に測定可能な結果を出すことを目的としています。既存の手段(例:Export Initiative Energy、Energy Partnerships、AHKs)を考慮し、協力しながら、3年間で3つの具体的な施策を3カ国で実施します。

最初のステップは、根拠のある輸出市場の分析です。広範なオンライン調査により、対象となる3つの市場における輸出活動、輸出機会、市場参入の障壁などの概要を把握することができます。その後の綿密なインタビューにより、関連するテーマについて詳細な洞察が得られます。

並行して、3つのターゲット市場のそれぞれに現地駐在員事務所を設立します。代表者は、輸出市場の分析から得られた情報を活用し、市場参入のための積極的かつ実践的なサポートを行い、ネットワーク作りや受注獲得のための具体的な支援を行います。代表者は、現地の市場関係者と国内の洋上風力発電産業を直接つなぐ役割を果たしています。東京、台北、ニューヨークの3つのオフィスは、AHKのインフラに直結しています。

関係者が一同に会する魅力的なトレードイベントが、このプロジェクトの魅力です。それぞれのターゲット市場において、最新の重要なトピックとターゲットを絞ったネットワーキングの機会を提供する2つのイベントを開催します。また、既存のフォーマットへの接続も行っています(例:効果的かつ効率的なプレゼンテーションのための共同展示ブースを持つ見本市への参加)。

全体として、ドイツの洋上風力発電産業に具体的な輸出注文が発生し、ドイツの技術的な専門知識の移転によって新興のターゲット市場がサポートされ、パリ気候協定の目標を達成するための適切な基盤が構築されるという、Win-Winの状況です。 

プロジェクト期間と資金

このプロジェクトは、連邦経済・エネルギー省(BMWi)の資金援助を受け、3年間(2021年1月~2023年12月)にわたって実施されます。

Übersichtskarte Auslandsrepräsentanzen GOI

サインアップ

データベースに登録して、専用のニュースレターを受け取ります。
Offshore Wind Windpark

プレス資料