ドイツ洋上風力発電シリーズ2022-#1サプライチェーン:クレーンとロジスティクス

10.03.2022
会場: ズーム経由でオンライン
件名: ドイツの洋上風力インサイト
参加者: 渡辺さゆり

イベントについて

ドイツの洋上風力イニシアチブGOIは、連邦経済エネルギー省(BMWK)が資金提供するプロジェクトです。 その目的は、ドイツの洋上風力エネルギー産業と日本、台湾、米国との間の国際協力を促進することです。

新たに開始された「ドイツ洋上風力インサイト」シリーズのイベントは、特に洋上風力事業における日本企業とドイツ企業間のビジネスパートナーシップの構築に役立ちます。 最初のウェビナーは、サプライチェーンのトピックに焦点を当てています:クレーンとロジスティクス

 

日時

2022年3月10日木曜日|午前8時から午前9時30分(CET)、午後4時から午後5時30分(JST)

ズームによるオンライン

 

プログラム

開会の挨拶
  • ドイツの洋上風力イニシアチブGOIの紹介
    渡辺さゆり-日本代表(ドイツ洋上風力発電イニシアチブ)
業界によるプレゼンテーション
  • ヨーロッパにおける港湾/洋上風力クレーン活動の最新動向とリープヘルの経験
    Roman Chopyk-セールスマネージャー(Liebherr MCCtec Rostock GmbH)

 

  • 大規模な洋上風力プロジェクトにおけるロジスティクスの重要な役割とRhenusLogisticsのソリューション
    BjörnWittek氏-マネージングディレクター(Rhenus Offshore Logistics GmbH&Co。KG)

 

  • O&M活動とデビッドクレーンとディダビットのベストプラクティスの役割
    Thorsten Wessels氏-セールスマネージャー(di davit international hische GmbH)

 

閉会の辞

 

こちらからPDF形式でプログラムをダウンロードできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登録

登録が必要です。 この目的のために提供された登録フォームを使用してください。 注:このイベントは、日本に拠点を置く企業またはその子会社の代表者、または日本のプロジェクトオフィスの代表者のみを対象としています。 講義言語は英語と日本語の同時通訳です。