データ保護

弊社にご関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。 伊部エージェンシーの経営にとって、データ保護は特に優先度が高い。 原則として、個人情報を提供することなく、伊部代理店のインターネットページを利用することができます。 ただし、データ主体が当社のウェブサイトを介して当社の特別サービスを利用したい場合は、個人データの処理が必要になる場合があります。 個人情報の処理が必要であり、そのような処理の法的根拠がない場合、当社は通常、関係者の同意を得ます。

データ主体の名前、住所、電子メールアドレス、電話番号などの個人データの処理は、常に一般データ保護規則および伊部に適用される国別のデータ保護規則に従って実行されます。エージェンシー。 このデータ保護宣言により、当社は、収集、使用、処理する個人データの種類、範囲、目的を一般に知らせたいと考えています。 さらに、データ主体はこのデータ保護宣言によって彼らの権利について知らされます。

伊部エージェンシーは、管理者として、このウェブサイトを通じて処理される個人データを可能な限り完全に保護するために、多くの技術的および組織的対策を実施してきました。 それにもかかわらず、インターネットベースのデータ送信には一般にセキュリティギャップがある可能性があるため、絶対的な保護を保証することはできません。 このため、関係者は誰でも、電話などの別の方法で個人データを自由に送信できます。

1.定義

エージェンシー伊部のデータ保護宣言は、一般データ保護規則(GDPR)が採択されたときに欧州の立法者が指令や規制に使用した用語に基づいています。 当社のデータ保護宣言は、一般の人々だけでなく、お客様やビジネスパートナーにとっても読みやすく理解しやすいものでなければなりません。 これを確実にするために、事前に使用されている用語について説明したいと思います。

このデータ保護宣言では、次の用語を使用します。

  • a)個人データ

    個人データとは、特定された、または特定可能な自然人(以下「データ主体」)に関連するすべての情報です。 自然人は、直接的または間接的に、特に名前、識別番号、位置データ、オンライン識別子、または身体的、生理学的、この自然人の遺伝的、心理的、経済的、文化的または社会的アイデンティティを特定することができます。

  • b)データ主体

    影響を受ける人とは、個人データが処理の責任者によって処理される、識別された、または識別可能な自然人のことです。

  • c)処理

    処理とは、収集、記録、整理、注文、保管、適合または変更、読み取り、照会、使用、開示などの個人データに関連する自動化された手順またはそのような一連のプロセスの助けを借りて、または助けを借りずに実行されるプロセスです。送信、配布、またはその他の形式の提供、比較またはリンク、制限、削除、または破棄。

  • d)処理の制限

    処理の制限は、将来の処理を制限することを目的とした、保存された個人データのマーキングです。

  • e)プロファイリング

    プロファイリングは、この個人データを使用して、自然人に関連する特定の個人的側面、特に仕事のパフォーマンス、経済状況、健康、個人に関連する側面を評価することで構成される、個人データのあらゆるタイプの自動処理です。好み、興味を分析または予測するため。 、信頼性、行動、この自然人の所在または移転。

  • f)仮名化

    偽名化とは、追加情報を使用せずに特定のデータ主体に個人データを割り当てることができない方法で個人データを処理することです。ただし、この追加情報は個別に保存され、技術的および組織的な措置の対象となります。個人データが保存されていることを、特定された、または特定可能な自然人に割り当てることはできません。

  • g)コントローラーまたはコントローラー

    責任者または処理の責任者は、個人データを処理する目的および手段を単独でまたは他者と共同で決定する、自然または法人、当局、機関、またはその他の機関です。 この処理の目的と手段がEU法または加盟国の法律によって指定されている場合、責任者またはその任命の特定の基準は、EU法または加盟国の法律に従って提供することができます。

  • h)プロセッサー

    処理者は、責任者に代わって個人データを処理する自然または法人、当局、機関、またはその他の機関です。

  • i)受信者

    受領者とは、第三者であるかどうかにかかわらず、個人データが開示される自然人または法人、当局、機関、またはその他の団体です。 ただし、EU法または加盟国の法律に従って特定の調査の一環として個人データを受信する可能性のある当局は、受信者とは見なされません。

  • j)サードパーティ

    第三者とは、データ主体、責任者、処理者、および責任者または処理者の直接の責任の下で個人データを処理する権限を与えられた者以外の自然人または法人、公的機関、機関または団体です。 。

  • k)同意

    同意とは、特定のケースについて関係者が個人データの処理に同意することを示す宣言またはその他の明確な肯定的行動の形で、関係者が行う自発的で情報に基づく明確な意図の宣言です。

2.処理責任者の氏名と住所

一般データ保護規則、欧州連合の加盟国に適用されるその他のデータ保護法、およびデータ保護の性質に関するその他の規定の意味の範囲内で責任を負うのは次のとおりです。

「ドイツ洋上風力イニシアチブGOI」、
OFFSHORE WINENERGIE Foundation
ユーバーシーリング422297
ドイツ、ハンブルク

電話:+49(0)4451 9515-161
ファックス:+49(0)4451 9515-249
Eメール:info@germanoffshorewind.org
インターネット:germanoffshorewind.org

World Forum Offshore Wind eV&Foundationが運営するOFFSHORE WIND ENERGY

3.クッキー

伊部代理店のインターネットページはクッキーを使用しています。 クッキーは、インターネットブラウザを介してコンピュータシステムに保存および保存されるテキストファイルです。

多くのウェブサイトやサーバーがCookieを使用しています。 多くのCookieには、いわゆるCookieIDが含まれています。 Cookie IDは、Cookieの一意の識別子です。 これは、Cookieが保存されている特定のインターネットブラウザにWebサイトとサーバーを割り当てるための文字列で構成されています。 これにより、アクセスしたWebサイトとサーバーは、関係者の個々のブラウザを、他のCookieを含む他のインターネットブラウザと区別することができます。 特定のインターネットブラウザは、一意のCookieIDを介して認識および識別できます。

伊部エージェンシーは、クッキーを使用することにより、このウェブサイトのユーザーに、クッキーの設定なしでは不可能な、よりユーザーフレンドリーなサービスを提供することができます。

クッキーを使用して、当社のウェブサイト上の情報とオファーは、ユーザーの利益のために最適化することができます。 すでに述べたように、クッキーは私たちが私たちのウェブサイトのユーザーを認識することを可能にします。 この認識の目的は、ユーザーが当社のWebサイトをより簡単に使用できるようにすることです。 たとえば、Cookieを使用するWebサイトのユーザーは、Webサイトとユーザーのコンピューターシステムに保存されているCookieによって行われるため、Webサイトにアクセスするたびにアクセスデータを再入力する必要はありません。 もう1つの例は、オンラインショップのショッピングカートのCookieです。 オンラインショップはCookieを使用して、顧客が仮想ショッピングカートに入れたアイテムを記憶します。

関係者は、使用するインターネットブラウザの対応する設定により、いつでも当社のウェブサイトによるクッキーの設定を防ぐことができ、したがって、クッキーの設定に永久に反対することができます。 さらに、すでに設定されているクッキーは、インターネットブラウザやその他のソフトウェアプログラムを介していつでも削除することができます。 これは、すべての一般的なインターネットブラウザで可能です。 関係者が使用するインターネットブラウザのCookieの設定を無効にした場合、当社のウェブサイトのすべての機能が完全に使用できるとは限りません。

4.一般的なデータと情報の収集

伊部エージェンシーのウェブサイトは、データ主体または自動システムがウェブサイトにアクセスするたびに、一連の一般的なデータと情報を収集します。 これらの一般的なデータと情報は、サーバーのログファイルに保存されます。 (1)使用するブラウザの種類とバージョン、(2)アクセスシステムで使用されるオペレーティングシステム、(3)アクセスシステムが当社のWebサイトにアクセスするWebサイト(いわゆるリファラー)、(4)サブWebサイト当社のウェブサイト上のアクセスシステムを介してアクセスされる、(5)ウェブサイトへのアクセスの日時、(6)インターネットプロトコルアドレス(IPアドレス)、(7)アクセスシステムのインターネットサービスプロバイダー、および(8)当社の情報技術システムへの攻撃が発生した場合の危険を回避するのに役立つ他の同様のデータおよび情報。

これらの一般的なデータおよび情報を使用する場合、伊部庁はデータの主題についていかなる結論も導きません。 むしろ、この情報は、(1)当社のウェブサイトのコンテンツを正しく配信し、(2)当社のウェブサイトのコンテンツとその広告を最適化し、(3)当社の情報技術システムと技術の長期的な機能を確保するために必要です。 (4)サイバー攻撃が発生した場合に法執行機関に必要な情報を提供するため。 したがって、この匿名で収集されたデータと情報は、一方では伊部代理店によって統計的に評価され、さらに、によって処理される個人データの最適なレベルの保護を最終的に保証するために、当社のデータ保護とデータセキュリティを強化することを目的としています。我ら。 サーバーログファイル内の匿名データは、データ主体によって提供されるすべての個人データとは別に保存されます。

5.当社のウェブサイトでの登録

データ主体は、個人データを提供することにより、管理者のウェブサイトに登録するオプションがあります。 どの個人データが処理責任者に送信されるかは、登録に使用されるそれぞれの入力マスクからの結果です。 データ主体によって入力された個人データは、処理の責任者による内部使用および自身の目的のためにのみ収集および保存されます。 処理の責任者は、データが1つ以上の処理者、たとえば、処理の責任者に起因する内部使用のためにのみ個人データを使用する小包サービスプロバイダーに渡されるように手配することができます。

処理担当者のウェブサイトに登録することにより、インターネットサービスプロバイダー(ISP)から関係者に割り当てられたIPアドレス、登録日時も保存されます。 このデータは、これが当社のサービスの誤用を防ぎ、必要に応じて刑事犯罪を調査できるようにする唯一の方法であるという背景に基づいて保存されます。 この点で、このデータの保存は、処理の責任者を保護するために必要です。 このデータの第三者への転送は、転送する法的義務がない限り、または転送が刑事訴追に使用されない限り行われません。

個人データの自主的な提供によるデータ主体の登録により、データ管理者は、問題の性質上、登録ユーザーにのみ提供できるデータ主体のコンテンツまたはサービスを提供することができます。 登録者は、登録時に提供された個人データをいつでも自由に変更したり、処理責任者のデータベースから完全に削除したりすることができます。

処理の責任者は、要求に応じていつでも、関係者について保存されている個人データに関する情報を提供します。 さらに、処理の責任者は、それとは反対の法的保管義務がない限り、関係者の要求または助言に応じて個人データを修正または削除します。 このデータ保護宣言で指名されたデータ保護責任者および処理責任者の全従業員は、この文脈で連絡担当者として関係者に利用可能です。

6.ウェブサイト経由の連絡オプション

伊部代理店のウェブサイトには、当社への迅速な電子連絡や直接のコミュニケーションを可能にする情報が掲載されており、いわゆる電子メールの一般アドレス(メールアドレス)も掲載されています。 データ主体が電子メールまたは連絡フォームで処理責任者に連絡した場合、データ主体によって送信された個人データは自動的に保存されます。 処理の責任者にデータ主体によって自発的に送信されたそのような個人データは、データ主体を処理または連絡する目的で保存されます。 この個人データは第三者に渡されることはありません。

7.個人データの定期的な削除とブロック

処理の責任者は、保存目的を達成するために必要な期間のみ、またはこれが欧州の指令および規制または法律または規制の別の立法者によって指定されている場合にのみ、データ主体の個人データを処理および保存します。処理の責任者が対象となり、提供されました。

保管の目的が適用されなくなった場合、または欧州の指令や規制または他の責任ある立法者によって規定された保管期間が満了した場合、個人データは法定の規定に従って定期的にブロックまたは削除されます。

8.データ主体の権利

  • a)確認する権利

    関係者全員が、欧州指令および規制当局から付与された、処理責任者に、それらに関する個人データが処理されているかどうかの確認を要求する権利を有します。 関係者がこの確認権を行使したい場合は、いつでも当社のデータ保護責任者または処理責任者の別の従業員に連絡することができます。

  • b)情報に対する権利

    個人データの処理の影響を受けるすべての人は、欧州の指令および規制の立法者によって付与された、自分について保存されている個人データに関する無料情報と、処理の責任者からこの情報のコピーをいつでも受け取る権利を有します。 。 さらに、欧州の指令および規制により、データ主体は次の情報にアクセスできます。

    • 処理目的
    • 処理される個人データのカテゴリ
    • 個人データが開示された、またはまだ開示されている受信者または受信者のカテゴリ、特に第三国の受信者または国際機関
    • 可能であれば、個人データが保存される予定の期間、またはこれが不可能な場合は、この期間を決定するための基準
    • お客様に関する個人データの訂正または削除の権利、責任者による処理の制限、またはこの処理に異議を唱える権利の存在
    • 監督当局に苦情を申し立てる権利の存在
    • 個人データがデータ主体から収集されない場合:データの出所に関する入手可能なすべての情報
    • GDPR第22条(1)および(4)に従ったプロファイリングを含む自動化された意思決定の存在、および-少なくともこれらの場合-関連するロジックと、データ主体に対するそのような処理の範囲および意図された効果に関する有意義な情報

    さらに、データ主体は、個人データが第三国に送信されたのか、国際機関に送信されたのかに関する情報を入手する権利を有します。 この場合、データ主体は、送信に関連して適切な保証に関する情報を受け取る権利を有します。

    関係者がこの情報の権利を行使したい場合は、いつでも当社のデータ保護責任者または処理責任者の別の従業員に連絡することができます。

  • c)修正する権利

    個人データの処理によって影響を受けるすべての人は、ヨーロッパの指令および規制によって付与された、それらに関する誤った個人データの即時修正を要求する権利を有します。 さらに、データ主体は、処理の目的を考慮して、補足的な宣言を含め、不完全な個人データの完成を要求する権利を有します。

    データ主体がこの修正の権利を行使することを希望する場合、データ主体はいつでも当社のデータ保護責任者または処理責任者の別の従業員に連絡することができます。

  • d)消去する権利(忘れられる権利)

    個人データの処理の影響を受けるすべての人は、次の理由のいずれかが当てはまる場合に限り、処理が適用されない限り、責任者がそれらに関する個人データを直ちに削除することを要求する指令および規制の欧州立法者によって付与された権利を有します。必要:

    • 個人データは、不要になった目的で収集または処理されました。
    • データ主体は、第6条第6項に従って処理の基礎となった同意を取り消します。 GDPRまたはArt。9パラの1文字。 GDPRの2文字であり、処理に関する他の法的根拠はありません。
    • 第21条パラによると。 1 DS-GVOは処理に異議を唱え、処理の正当な理由を無効にすることはなく、関係者は第21条第21項に従って異議を唱えます。 2処理に対するDS-GVOの異議。
    • 個人データは違法に処理されました。
    • 個人データの削除は、EU法または責任者が従う加盟国の法律に基づく法的義務を履行するために必要です。
    • 個人データは、第8条第8項に従って提供される情報社会サービスに関連して収集されました。 1GDPR。

    上記のいずれかの理由により、伊部代理店が保管している個人情報の削除をご希望の場合は、当社のデータ保護責任者または処理責任者の別の従業員にいつでもご連絡いただけます。 伊部代理店のデータ保護責任者または他の従業員が、削除要求に直ちに応じるよう手配します。

    伊部代理店が個人情報を公開した場合、および第17条第17項に従い当社が責任を負う場合。 1 GDPRが個人データを削除する場合、伊部代理店は、利用可能な技術と実装コストを考慮して、技術的措置を含む適切な措置を講じ、公開された個人データを処理する他のデータ処理者に、データ主体が削除を要求したことを通知します。処理が必要でない限り、この個人データへのすべてのリンク、またはデータ処理に責任のあるこれらの他の人からのこの個人データのコピーまたは複製。 伊部代理店のデータ保護責任者または他の従業員が個別に必要な手配を行います。

  • e)処理を制限する権利

    個人データの処理の影響を受ける人は、次の条件のいずれかが満たされた場合に処理を制限するよう管理者に要求する指令および規制の欧州立法者によって付与された権利を有します。

    • データ主体は、責任者が個人データの正確性を確認できるようにする期間、個人データの正確性に異議を唱えます。
    • 処理は違法であり、関係者は個人データの削除を拒否し、代わりに個人データの使用を制限するよう要求します。
    • 責任者は、処理の目的で個人データを必要としなくなりましたが、データ主体は、法的請求を主張、行使、または弁護するために個人データを必要とします。
    • データ主体は、による処理に異議を唱えています。 第21条パラ 1 GDPRであり、責任者の正当な理由が関係者の正当な理由を上回っているかどうかはまだ決定されていません。

    上記の条件のいずれかが満たされ、関係者が伊部代理店が保管する個人データの制限を要求する場合は、いつでも当社のデータ保護責任者または処理責任者の別の従業員に連絡することができます。 伊部代理店のデータ保護責任者または他の従業員が処理を制限するよう手配します。

  • f)データの移植性に対する権利

    個人データの処理の影響を受けるすべての人は、欧州指令および規制当局によって付与された、関係者から責任者に提供された、構造化された共通の機械可読な個人データを受け取る権利を有します。フォーマット。 また、第6条第6項に基づく同意に基づいて処理が行われる場合に限り、個人データが提供された責任者から支障なくこのデータを別の責任者に転送する権利があります。 GDPRまたはArt。9パラの1文字。 GDPRに2文字、または第6条のパラグラフに従った契約に基づいて。 1文字bGDPRであり、処理は自動化された手順を使用して実行されます。ただし、処理が公共の利益となるタスクの実行に必要でない場合、またはその人に割り当てられた公的権限の行使で実行される場合に限ります。責任者。

    さらに、第20条第20項に従って、データの移植性に対する権利を行使する場合。 1 GDPRでは、技術的に実現可能であり、他の人の権利と自由を損なわない限り、個人データをある担当者から別の担当者に直接送信する権利があります。

    データの移植性の権利を主張するために、関係者はいつでも伊部代理店または他の従業員によって任命されたデータ保護責任者に連絡することができます。

  • g)異議を唱える権利

    個人データの処理の影響を受ける人は、欧州の指令および規制の立法者によって、第6条第6項に基づいてそれらに関連する個人データの処理にいつでも異議を唱える権利が与えられます。 異議を申し立てるために、1文字のeまたはfDS-GVOが行われます。 これは、これらの規定に基づくプロファイリングにも当てはまります。

    伊部代理店は、異議があった場合、データ主体の利益、権利、自由を上回る処理の説得力のある正当な理由を証明できない限り、または処理が主張を目的としたものでない限り、個人データを処理しなくなります。法的請求の行使または弁護。

    伊部代理店がダイレクトメールを運用するために個人データを処理する場合、データ主体はそのような広告を目的とした個人データの処理にいつでも異議を唱える権利を有します。 これは、そのような直接広告に関連している限り、プロファイリングにも当てはまります。 データ主体がダイレクトマーケティングの目的で伊部代理店の処理に反対する場合、伊部代理店はこれらの目的で個人データを処理しなくなります。

    さらに、データ主体は、特定の状況から生じる理由により、科学的または歴史的研究目的またはアートに従って統計目的で伊部庁が実施する個人データの処理に異議を唱える権利を有します。 .89パラ 1 GDPR、公益のためのタスクを遂行するためにそのような処理が必要でない限り、異議を唱える。

    異議を申し立てる権利を行使するために、関係者は伊部庁のデータ保護責任者または他の従業員に直接連絡することができます。 データ主体はまた、指令2002/58 / ECに関係なく、情報化社会サービスの使用に関連して、技術仕様が使用される自動化された手順によって異議を申し立てる権利を行使することができます。

  • h)プロファイリングを含む個々のケースでの自動決定

    個人データの処理の影響を受けるすべての人は、欧州の指令および規制の立法者によって付与された、プロファイリングを含む自動処理のみに基づく決定の対象とならない権利を有します。決定は、(1)データ主体と責任者との間の契約の締結または履行に必要ではない、または(2)責任者が従う連合または加盟国の法律に基づいて許容され、これら法的規定は、データ主体の正当な利益と同様に権利と自由を保護するために適切な措置を講じるか、または(3)データ主体の明示的な同意を得て行われます。

    (1)データ主体と責任者との間の契約の締結または履行に必要な決定、または(2)データ主体の明示的な同意を得て決定が下された場合、伊部庁は適切な保護措置を講じます。権利と自由、および正当なデータ主体の利益を保護すること。これには、少なくとも責任者の側で人の介入を得る権利、独自の見解を表明し、決定に異議を唱える権利が含まれます。

    データ主体が自動決定に関する権利を主張したい場合は、いつでも当社のデータ保護責任者または処理責任者の別の従業員に連絡することができます。

  • i)データ保護法に基づく同意を撤回する権利

    個人データの処理の影響を受けるすべての人は、欧州の指令および規制の立法者によって、いつでも個人データの処理への同意を取り消す権利を与えられています。

    関係者が同意を撤回する権利を主張したい場合は、いつでも当社のデータ保護責任者または処理責任者の別の従業員に連絡することができます。

9. Google Analyticsのアプリケーションと使用に関するデータ保護規定(匿名化機能付き)

処理の責任者は、このWebサイトにGoogle Analyticsコンポーネント(匿名化機能付き)を統合しました。 GoogleAnalyticsはウェブ分析サービスです。 Web分析は、インターネットページへの訪問者の行動に関するデータの収集、収集、および評価です。 Web分析サービスは、とりわけ、データ主体がWebサイトにアクセスしたWebサイト(いわゆるリファラー)上のデータ、Webサイトのどのサブページにアクセスしたか、またはサブページの頻度と期間を収集します。見られました。 Web分析は、主にWebサイトの最適化と、インターネット広告の費用便益分析に使用されます。

Google Analyticsコンポーネントの運営会社は、Google Inc.、1600 Amphitheatre Pkwy、Mountain View、CA 94043-1351、USAです。

処理の責任者は、GoogleAnalyticsを介したWeb分析に追加の「_gat._anonymizeIp」を使用します。 この追加により、欧州連合の加盟国または欧州経済領域に関する協定の別の署名者からインターネットページにアクセスした場合、関係者のインターネット接続のIPアドレスが短縮され、Googleによって匿名化されます。

Google Analyticsコンポーネントの目的は、当社のWebサイトへの訪問者の流れを分析することです。 Googleは、取得したデータと情報を使用して、特に、当社のWebサイトの使用を評価し、当社のWebサイトでの活動を示すオンラインレポートを作成し、当社のWebサイトの使用に関連するその他のサービスを提供します。

Google Analyticsは、関係者の情報技術システムにCookieを配置します。 クッキーとは何かはすでに上で説明されています。 クッキーの設定により、グーグルは当社のウェブサイトの使用を分析することができます。 このウェブサイトの個々のページの1つが呼び出されるたびに、処理の責任者が操作し、Google Analyticsコンポーネントが統合されているため、関係者の情報技術システムのインターネットブラウザが自動的にトリガーされます。それぞれのGoogleAnalyticsコンポーネントオンライン分析の目的でGoogleにデータを送信するため。 この技術的プロセスの一環として、Googleは、関係者のIPアドレスなどの個人データに関する知識を取得します。このデータは、特に、訪問者とクリックの発信元を追跡し、その後、手数料の会計処理を可能にするために使用されます。

クッキーは、アクセス時間、アクセス元の場所、関係者による当社のウェブサイトへのアクセス頻度などの個人情報を保存するために使用されます。 当社のウェブサイトにアクセスするたびに、関係者が使用するインターネット接続のIPアドレスを含むこの個人データは、アメリカ合衆国のGoogleに送信されます。 これらの個人データは、アメリカ合衆国のGoogleによって保存されます。 Googleは、技術プロセスを通じて収集されたこの個人データを第三者に渡す場合があります。

関係者は、上記のように、使用するインターネットブラウザの対応する設定により、いつでも当社のウェブサイトによるクッキーの設定を防ぐことができ、したがって、クッキーの設定に永久に反対することができます。 使用されるインターネットブラウザのそのような設定はまた、グーグルが関係者の情報技術システムにクッキーを設定することを妨げるでしょう。 さらに、Google Analyticsによってすでに設定されているCookieは、インターネットブラウザまたはその他のソフトウェアプログラムを介していつでも削除できます。

さらに、データ主体は、このウェブサイトの使用およびグーグルによるこのデータの処理に関連してグーグルアナリティクスによって生成されたデータの収集に反対し、これを防ぐオプションがあります。 これを行うには、関係者がリンクhttps://tools.google.com/dlpage/gaoptoutからブラウザアドオンをダウンロードしてインストールする必要があります。 このブラウザアドオンは、JavaScriptを介してGoogle Analyticsに、Webサイトへのアクセスに関するデータや情報がGoogleAnalyticsに送信されないことを通知します。 ブラウザアドオンのインストールは、Googleによる異議申し立てと見なされます。 関係者の情報技術システムが後で削除、フォーマット、または再インストールされた場合、関係者はGoogle Analyticsを非アクティブ化するために、ブラウザアドオンを再インストールする必要があります。 関係者またはその影響範囲に起因する別の人物によってブラウザアドオンがアンインストールまたは非アクティブ化された場合、ブラウザアドオンを再インストールまたは再アクティブ化するオプションがあります。

Googleの詳細情報および該当するデータ保護規定は、https://www.google.de/intl/de/policies/privacy/およびhttp://www.google.com/analytics/terms/deにあります。 html。 Google Analyticsの詳細については、このリンクhttps://www.google.com/intl/de_de/analytics/を参照してください。

10.処理の法的根拠

第6条私は火をつけた。 DS-GVOは、特定の処理目的で同意を得た処理操作の法的根拠として当社に機能します。 個人データの処理が、データ主体が当事者である契約を履行するために必要な場合、たとえば、商品の配送または他のサービスの提供または対価に必要な処理操作の場合のように、処理はArt。6に基づいています。 bGDPR。 当社の製品やサービスに関するお問い合わせなど、契約前の措置を講じるために必要な処理業務についても同様です。 当社が、例えば納税義務を履行するために、個人データの処理を必要とする法的義務の対象となる場合、処理は第6条に基づいています。 cGDPR。 まれに、データ主体または他の自然人の重大な利益を保護するために、個人データを処理する必要がある場合があります。 これは、たとえば、当社の訪問者が負傷し、その名前、年齢、健康保険データ、またはその他の重要な情報を医師、病院、またはその他の第三者に渡す必要がある場合に当てはまります。 その場合、処理はArt。6Iに基づいて行われます。 dGDPR。
最終的に、処理操作は、私が照明した第6条に基づく可能性があります。 fGDPR。 当社または第三者の正当な利益を保護するために処理が必要な場合、上記の法的根拠のいずれにも該当しない処理操作は、関係者の利益、基本的権利および自由を条件として、この法的根拠に基づいています。勝つことはありません。 このような処理操作は、ヨーロッパの立法者によって具体的に言及されているため、特に許可されています。 この点で、彼は、関係者が責任者の顧客である場合、正当な利益が想定される可能性があるとの見解を示しました(リサイタル47文2 GDPR)。

11.管理者または第三者によって追求されている処理への正当な利益

個人データの処理が第6条に基づいている場合、私は火をつけました。 f GDPRは、すべての従業員と株主の利益のために事業を遂行することに対する当社の正当な利益です。

12.個人データが保存される期間

個人データの保存期間の基準は、それぞれの法定保存期間です。 期間が満了した後、契約を履行または開始する必要がなくなった場合、関連データは定期的に削除されます。

13.個人データの提供に関する法定または契約上の規定。契約締結の必要性;個人データを提供するデータ主体の義務。非プロビジョニングの考えられる結果

個人データの提供は、法律によって部分的に義務付けられている(税法など)か、契約上の規制(契約パートナーに関する情報など)から生じる可能性があることを説明します。
契約を締結するために、データ主体が後で処理しなければならない個人データを提供する必要がある場合があります。 たとえば、データ主体は、当社が契約を締結する際に個人データを提供する義務があります。 個人情報をご提供いただけない場合は、関係者との契約が成立しません。
関係者が個人データを提供する前に、関係者は当社のデータ保護責任者に連絡する必要があります。 当社のデータ保護責任者は、個人データの提供が法律または契約によって要求されているか、契約の締結に必要であるか、個人データを提供する義務があるかどうか、および個人データの提供の失敗がどのような結果をもたらすか。

14.自動化された意思決定の存在

責任ある企業として、自動意思決定やプロファイリングは使用していません。

このデータ保護宣言は、データ保護宣言ジェネレーターによって作成されましたデータ保護EU2018 そしてそのファイル共有弁護士WBS-LAWによって作成されました。